ABOUT JICO

JICOの歴史

レコード針製造の原点は ”縫い針”

1873年、縫い針の一大産地として栄えた浜坂に、
仲川製針工場として創業。
時間の糸がたどる開発の道程は、
思いがけず、
多様な製品を生み出すことになります。

転機となったのが、1877年の蓄音機の発明です。
1909年に、国内での製造が開始され、
需要が高まった蓄音機。
そのような時代背景の中、
縫い針の製造技術を応用し、
1949年に蓄音機用鋼鉄針の製造を開始しました。

そして1966年。鋼鉄針の製造技術を基に、
レコード針の生産を開始。
その製造に必要な、工具や治具などの
設計・製作から始まったレコード針。
今では、およそ30メーカー、
2,300種類以上のレコード針を、
熟練した職人の手仕事で、
一貫生産しています。

上部へスクロール